コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓼沼丈吉 たでぬま じょうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蓼沼丈吉 たでぬま-じょうきち

1862-1919 明治-大正時代の実業家。
文久2年7月28日生まれ。家業の呉服商をいとなみ,佐野銀行,葛生銀行,葛生鉄道などの重役となる。栃木県会議員をへて明治34年田中正造の後継者として衆議院議員(憲政本党)となる。のち蓼沼慈善団を設立して育英事業につくした。大正8年7月1日死去。58歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。幼名は千代吉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蓼沼丈吉の関連キーワード大正時代実業家

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android