コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔣士銓 しょうしせん Jiǎng Shì quán

1件 の用語解説(蔣士銓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうしせん【蔣士銓 Jiǎng Shì quán】

1725‐85
中国,清代の詩文家,劇作家。字は心余,また苕生。号は清容,また蔵園。江西鉛山の人。乾隆22年(1757)の進士。翰林院編修となる。のち紹興の蕺山(しゆうざん)書院・杭州の崇文書院・揚州の安定書院の山長を歴任,国史館の纂修官となる。詩は古文辞,戯曲は湯顕祖の作風を学んだ。乾隆期の劇作家の第一に推され,〈一片石〉〈四絃秋〉など《蔵園九種曲》の作がある。【岩城 秀夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蔣士銓の関連キーワード沈草亭王士禎王鳴盛漢学洪昇孔尚任沈徳潜文館詞林文鏡秘府論劇作家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone