コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔣士銓 しょうしせんJiǎng Shì quán

世界大百科事典 第2版の解説

しょうしせん【蔣士銓 Jiǎng Shì quán】

1725‐85
中国,清代の詩文家,劇作家。字は心余,また苕生。号は清容,また蔵園。江西鉛山の人。乾隆22年(1757)の進士。翰林院編修となる。のち紹興の蕺山(しゆうざん)書院・杭州の崇文書院・揚州の安定書院の山長を歴任,国史館の纂修官となる。詩は古文辞,戯曲は湯顕祖の作風を学んだ。乾隆期の劇作家の第一に推され,〈一片石〉〈四絃秋〉など《蔵園九種曲》の作がある。【岩城 秀夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

蔣士銓の関連キーワード袁枚

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android