コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯顕祖 とうけんそ Tang Xian-zu

6件 の用語解説(湯顕祖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯顕祖
とうけんそ
Tang Xian-zu

[生]嘉靖29(1550)
[没]万暦44(1616)
中国,明末の文学者。江西省臨川の人。字,義仍 (ぎじょう) 。号,若士,海若,玉茗。万暦 11 (1583) 年進士に及第。南京太常博士,礼部主事を歴任。同 19年宰相を弾劾して左遷されたが同 26年官をやめ,晩年は自適のうちに終った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とう‐けんそ〔タウ‐〕【湯顕祖】

[1550~1616]中国、明代の劇作家・文学者。臨川(江西省)の人。字(あざな)は義仍(ぎじょう)。号、若士・清遠道人。詩文では、古文辞派の主張に反対した。代表作は戯曲「還魂記」「南柯記(なんかき)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

湯顕祖【とうけんそ】

中国,明末の劇作家。江西省臨川の出身。詞曲の蔵書多く,該博な知識をもったが,1591年宰相を弾劾したため左遷され,のち唐の伝奇,元の曲をもとに,《紫簫(ししょう)記》《還魂記》《南柯(なんか)記》などの戯曲を作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうけんそ【湯顕祖 Tāng Xiǎn zǔ】

1550‐1616
中国,明末の詩文家,劇作家。字は義仍,号は若士,また清遠道人。江西臨川の人。万暦11年(1583)の進士。南京太常博士を経て礼部主事に進んだが,輔弼(ほひつ)の臣を弾劾する疏をたてまつったことが,かえって禍を招き,広東徐聞の典史に左遷された。のち赦されて安徽の遂昌の知県となったが,宦官による礦税の弊害を見るにしのびず,知県をやめて郷里に帰った。思想的には李贄(りし)や達観紫柏の影響を強くうけていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうけんそ【湯顕祖】

1550~1616) 中国、明代の戯曲作家。字あざなは儀仍、号は海若・若士、清遠道人とも。臨川の人。作「牡丹亭還魂記」、「邯鄲記」「南柯記」「紫釵記」は合わせて「玉茗堂四夢」と称される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯顕祖
とうけんそ
(1550―1616)

中国、明(みん)代の劇作家、詩文家。字(あざな)は義仍(ぎじょう)。号は若士(じゃくし)、また清遠道人。臨川(江西省)の人。33歳で進士に及第。南京太常(ナンキンたいじょう)博士、礼部主事を歴任。時政を非難した上疏(じょうそ)が災いして広東(カントン)の徐聞(じょぶん)県の知事に左遷され、のち浙江(せっこう)の遂昌(すいしょう)県の知事となり、49歳で退隠した。明代におけるもっとも傑出した劇作家で、『紫釵記(しさき)』『還魂記』『南柯記(なんかき)』『邯鄲記(かんたんき)』を書いた。いずれも構成に夢が深くかかわっているので、湯顕祖の書斎の名をとって、「玉茗堂(ぎょくめいどう)四夢」とよぶ。文辞を重視し、ことに『還魂記』の歌辞は美辞麗句を連ねて賞賛された。しかし曲律を重んずる沈(しんえい)らは、崑曲(こんきょく)の調べにあわないとして字句を修改し、ために湯顕祖は激怒して、論争が展開された。思想的には李贄(りし)や達観の影響を強く受け、詩文の面では、秦漢(しんかん)の文と盛唐の詩のみを尊重する王世貞らの古文辞一派を批判し、袁宏道(えんこうどう)らの反古文辞を導き出した。詩文集に『玉茗堂全集』がある。[岩城秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の湯顕祖の言及

【戯文】より

…これに続く万暦年間(1573‐1619)は文化の爛熟期といわれるが,数多くの劇作家が輩出した。最も著名なのは江西臨川の湯顕祖で,《紫釵記》《還魂記》《南柯記》《邯鄲記》の作があり,中でも《還魂記》は文辞構成ともにすぐれ,かつ恋愛の自由な姿を謳歌したので,天下の子女の喝采を博した。 ところで,歌辞をうたうには土地によって流派を異にし,発祥の地名を冠して海塩腔・弋陽腔(よくようこう)・余姚腔などと称していたが,嘉靖年間に崑山の魏良輔がはじめた崑曲の調べが好評で,急速に各地に伝播した。…

【中国演劇】より

… 嘉靖年間(1522‐66)の初め,蘇州崑山地方の〈崑腔(崑曲)〉が魏良輔によって大改良されるや,その清柔優美なメロディは文人の好尚にすこぶるかない,従来の海塩腔,弋陽(よくよう)腔,余姚(よよう)腔等をおさえてはやり出し,これを用いて作られた梁辰魚の《浣紗記》により,決定的な流行をみるようになった。続く万暦年間(1573‐1619)にもっとも傑出した作家が湯顕祖で,彼の代表作《還魂記》は南戯の最高傑作とされ,典雅艶麗な文辞と巧みな構成とを得て,曲折波瀾にとんだ甘美な才子佳人劇の一極致を描いた。また同時期には音律にくわしい沈璟(しんえい)ほか多くの作者が輩出し,南戯の全盛期をむかえるにいたった。…

【中国文学】より

…その作者はもはや市井の無名人だけでなく,教養ある文人も参加しはじめた。その一,二の例をあげれば,戯曲における明の湯顕祖,小説における明の呉承恩,清の呉敬梓(ごけいし)などがある。いずれも詩文集を伝え,湯顕祖は文人として著名な人物であった。…

※「湯顕祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湯顕祖の関連キーワード王建章徐弘基陸治呉又可侯方域司空図智旭李漁劇作家蔣士銓

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone