コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国史館 こくしかん

2件 の用語解説(国史館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国史館
こくしかん

本朝通鑑』編集のため,寛文4 (1664) 年8月,江戸上野の忍ヶ岡の林家の別邸内に設けられた編纂所。同2年,林鵞峰は幕府の命による父羅山の修史事業を引継ぎ,同4年正式に史料の収集,編纂に着手。同 10年に完成。その編纂の日記として『国史館日録』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国史館
こくしかん

1664年(寛文4)に林鵞峯(はやしがほう)が江戸・上野忍ヶ岡(しのぶがおか)の別邸内に設けた『本朝通鑑(ほんちょうつがん)続編』の編集所。同年鵞峯が幕府の命を受けて起稿、門下生ら30余名がここで編集に従事し、諸経費は幕府が支出した。70年に編集が完成するとともに国史館は廃止された。この期間の編集始末を詳細に記録した鵞峯の漢文の日記に『国史館日録』18巻があって、鵞峯の講書、図書収集、諸大名との交遊など学芸関係記事が豊富である。国書刊行会刊『本朝通鑑』(1918~20)に所収。[福井 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国史館の関連キーワード工藤治兵衛南部重直秋田藩国包斯波園女銭謙益建部賢弘トラピスト鳥居清信ニューヨーク州

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国史館の関連情報