蔵の神(読み)くらのかみ

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「蔵の神」の解説

くらのかみ【蔵の神】

鹿児島の芋焼酎。酒名は、蔵付き酵母の呼称「蔵の神」にちなみ命名。白麹を使用し、常圧蒸留で造る。仕込み水は冠嶽山系の伏流水。原料はコガネセンガン、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「山元酒造」は大正元年(1912)創業。所在地は薩摩川内市五代町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android