コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵人式(読み)くろうどしき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵人式
くろうどしき

蔵人所(くろうどころ)職員の職務や儀式作法の規定を集めた式。890年(寛平2)に橘広相(たちばなのひろみ)によって作成されたもの(『寛平小式(かんぴょうしょうしき)』1巻)と天暦(てんりゃく)年間(947~957)につくられたもの(『天暦蔵人式』2巻)の2種類が認められる(『本朝書籍目録(ほんちょうしょじゃくもくろく)』『中右記(ちゅうゆうき)』)。全文は散逸してしまったが『西宮記(さいきゅうき)』『政事要略』『侍中群要』『撰集秘記(せんじゅうひき)』等に逸文が残されており、『天暦蔵人式』逸文は、現在100条余確認されている。『天暦蔵人式』の完成によって、蔵人の職掌の基準が確定され、以後の規範となった。[玉井 力]
『和田英松纂輯、森克己校訂『国書逸文』(新訂増補、1995・国書刊行会) ▽古瀬奈津子著「蔵人式について」(『延喜式研究 2』)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蔵人式の言及

【侍中群要】より

…またこの書の特色の一つは各事項に関する種々の説を〈式〉〈家〉〈懐〉〈草〉〈草長〉等の標目を立てて列記することである。〈式〉が天暦蔵人式の引用であるという説や〈家〉が平親信の系譜を引く人物の手になるものとの説が出されている。今日では散逸してしまった寛平・天暦等の蔵人式の逸文を多く含む。…

※「蔵人式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android