コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉井 タマノイ

大辞林 第三版の解説

たまのい【玉井】

能の一。脇能物。観世小次郎信光作。海幸山幸の伝説に取材。彦火火出見尊ひこほほでみのみことがなくした釣り針を求めて竜宮へ行き、玉の井のほとりで豊玉姫に会って結ばれ釣り針をとり戻して帰る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉井
たまのい

能の曲目。初番目物。観世(かんぜ)・金剛(こんごう)・喜多(きた)流現行曲。観世小次郎信光(のぶみつ)作。『日本書紀』を典拠とする。魚にとられた兄の釣り針を取り戻すべく、彦火々出見尊(ひこほほでみのみこと)(ワキ)は海の都に至り、豊玉(とよたま)姫(前シテ)・玉依(たまより)姫(ツレ)姉妹と会い、豊玉姫と結婚して月日が流れる。貝たち(間(あい)狂言)の祝宴の場面ののち、2人の姫(後ツレ)は潮満玉(しおみつたま)・潮干玉(しおひるたま)を贈り、父親の老竜王(後シテ)は釣り針を捜し出して捧(ささ)げ、尊を陸地に送る。古代の異民族交婚説話を描く、雄大で舞台面のにぎやかな作品。前段のシテとツレが後段では子方として登場する演出もあるのは、竜王を強調する能の遠近法である。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

玉井の関連キーワードBrand New Day三笑亭 可楽(7代目)和歌山県立近代美術館三笑亭可楽(7世)Hot Stuff女が階段を上る時玉井 藤一郎泣きたい僕らコタンの口笛南瓜与惣兵衛たまご舞踊団彦火火出見尊玉井 清太郎二人の息子幕が上がる珍品堂主人武蔵野夫人玉井清太郎沼津兵学校玉井藤一郎

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉井の関連情報