蔵王トンネル(読み)ざおうとんねる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵王トンネル
ざおうとんねる

福島・宮城県境、東北新幹線福島―白石蔵王(しろいしざおう)間の長さ1万1215メートルの新幹線複線トンネル。1971年(昭和46)着工し、1982年開通。トンネルの入口は福島県国見町、出口は宮城県白石市にあり、阿武隈(あぶくま)高地北西部を直線で貫く。東北本線、東北自動車道と並行している。横坑2か所、斜坑1か所の作業坑を設け、4工区に分割して掘削、トンネルの地質は凝灰岩、集塊岩などで、トンネル内で集中湧水(ゆうすい)、断層破砕帯と遭遇している。

[藤井 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる