コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東北新幹線 とうほくしんかんせん

5件 の用語解説(東北新幹線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東北新幹線
とうほくしんかんせん

東京と新青森を結ぶ東日本旅客鉄道JR東日本)の高速幹線鉄道。1970年に成立した全国新幹線鉄道整備法により,1971年11月上野―盛岡間着工,1982年6月大宮―盛岡間 505kmが開業し,1985年3月に上野―大宮間,1991年6月に東京―上野間,2002年12月に盛岡―八戸間が開業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうほく‐しんかんせん【東北新幹線】

東京と新青森を結ぶ新幹線。盛岡・大宮間が昭和57年(1982)、大宮・上野間が昭和60年(1985)、上野・東京間が平成3年(1991)、盛岡・八戸間が平成14年(2002)、八戸・新青森間が平成22年(2010)開業。運行列車は「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」。全長713.7キロ。→整備新幹線
[補説]東北新幹線の駅東京上野‐大宮‐小山(おやま)‐宇都宮那須塩原‐新白河‐郡山(こおりやま)‐福島‐白石蔵王‐仙台‐古川‐くりこま高原‐一ノ関‐水沢江刺(みずさわえさし)‐北上‐新花巻‐盛岡‐いわて沼宮内‐二戸(にのへ)‐八戸(はちのへ)‐七戸十和田(しちのへとわだ)‐新青森‐(北海道新幹線に直通)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東北新幹線【とうほくしんかんせん】

全国新幹線鉄道整備法(1970年)に基づいて,東京〜盛岡間496.5kmに建設された線区で,大宮駅で上越新幹線と接続する。1971年11月に着工。1982年6月大宮始発で暫定開業。
→関連項目アイジーアールいわて銀河鉄道[株]青い森鉄道[株]奥羽本線新幹線仙台[駅]田沢湖線東北本線本宮[市]山形新幹線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうほくしんかんせん【東北新幹線】

東京~盛岡間535.3km(実距離496.5km)の新幹線。JR東日本に属する。東北新幹線は,東海道新幹線山陽新幹線が在来線の輸送力増強策として建設されたのと異なり,全国的新幹線鉄道網の整備を図り,もって国民経済の発展と国民生活領域の拡大に資することを目的として建設された。この目的達成のために,1970年5月,全国新幹線鉄道整備法が制定され,同法に基づき運輸大臣基本計画を定め,建設の指示を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東北新幹線
とうほくしんかんせん

新幹線東京―新青森間の通称。旧日本国有鉄道(国鉄)線路名称のうえでは東北本線の一部に含められている。運行管理会社は東日本旅客鉄道(JR東日本)。東北本線の輸送需要の増加に応ずる目的で計画された国際標準軌間(1435ミリメートル)を採用した新規格の高速鉄道で、1971年(昭和46)着工、1982年6月23日、大宮―盛岡間を、1985年3月14日、上野―大宮間を開業し、1991年(平成3)6月20日、東京駅乗り入れが実現した。さらに2002年(平成14)12月1日、盛岡―八戸(はちのへ)間を、2010年12月4日、八戸―新青森間を開業して全線開通した。オイル・ショックなどの経済状況悪化や、国鉄改革に伴う新幹線整備スキーム(計画)が変更されたことなどにより、着工から全線開通までに長期間を要した。営業キロは713.7キロメートル。当初は最小曲線半径4000メートル、最急勾配(こうばい)20‰(パーミル)、最高時速260キロメートルを建設基準として設計された。各駅停車の「なすの」と特定の駅のみ停車の「やまびこ」「はやて」「はやぶさ」が運転されている。1992年7月には福島―山形間に山形新幹線が開業し、「つばさ」が登場して、東京―福島間で東北新幹線との併結運転が行われている。また、1997年3月、盛岡―秋田間に秋田新幹線「こまち」が営業運転を始め、東京―盛岡間で東北新幹線との併結運転が行われている。2016年3月には北海道新幹線の新青森―新函館北斗(しんはこだてほくと)間開業に伴い、「はやて」「はやぶさ」の一部列車が北海道新幹線と直通運転を開始した。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東北新幹線の関連キーワードこだま山形新幹線秋田新幹線九州新幹線北海道新幹線こまちはやて東北線・青い森鉄道中央新幹線計画新幹線と地方空港

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東北新幹線の関連情報