蕩然(読み)トウゼン

デジタル大辞泉の解説

とう‐ぜん〔タウ‐〕【×蕩然】

[ト・タル][文][形動タリ]
ひろびろとしているさま。
「立春の夕、地も天も―として融けんとす」〈蘆花自然と人生
流されたようにあとかたもないさま。
「先に与えたる千金の財本は―跡なく」〈永峰秀樹訳・暴夜物語〉
心が自由であるさま。思うままにふるまうさま。
「彼既に心骨―として悠悠款語」〈東海散士佳人之奇遇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうぜん【蕩然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
ひろびろとしているさま。広大なさま。 「地も天も-として融けむとす/自然と人生 蘆花
あとかたもないさま。
なすがままであるさま。また、しまりがなく、ゆるやかなさま。 「懦弱の人は、其心-として帰するところなく/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐ぜん タウ‥【蕩然】

〘形動タリ〙
① ひろびろとして何もないさま。広大なさま。
※懐風藻(751)石上乙麻呂伝「芳猷雖遠、遺列蕩然。時年若干」
② 少しも残らないさま。あとかたもなく、なくなるさま。
※星巖集‐丁集(1841)玉池生集三・苦霖行「万戸蕩然無孑遺、黄童白叟仰天哭」
③ ほしいままなさま。なすがままであるさま。また、しまりのないさま。
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「懦弱の人は、其心蕩然として帰するところなく」 〔史記‐魯仲連伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android