コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕭統 しょうとう

3件 の用語解説(蕭統の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蕭統
しょうとう

「昭明太子 (しょうめいたいし)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうとう【蕭統】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蕭統
しょうとう
(501―531)

中国、南朝梁(りょう)の皇太子。字(あざな)は徳施。武帝蕭衍(しょうえん)の長子。太子在位中病死し、昭明(しょうめい)と諡(おくりな)されたので、昭明太子とよばれる。父の武帝は、前代の斉(せい)の竟陵(きょうりょう)王蕭子良の文学サロンに出入りした竟陵の八友の一人であり、文人としても当代一流の人物である。昭明太子を中心に劉孝綽(りゅうこうしゃく)、王(おういん)らの文学集団が形成されたのも、文学を愛好した武帝の影響が大きい。この文学集団を背景とする昭明太子の『文選(もんぜん)』は、文章詩賦の正統的標準をアンソロジーによって示そうとしたものだが、六朝(りくちょう)美文の世界が典型的に集約されており、貴族的な彼らの文学観がよく現れている。詩人としての評価は一般に父や弟の簡文帝蕭綱(しょうこう)に劣るとされる。[成瀬哲生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蕭統の言及

【文選】より

…中国の六朝の梁代に編まれた詞華集。編者は梁の武帝の長子,昭明太子蕭統(しようとう)。30巻。…

※「蕭統」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone