コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕭統 しょうとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蕭統
しょうとう
(501―531)

中国、南朝梁(りょう)の皇太子。字(あざな)は徳施。武帝蕭衍(しょうえん)の長子。太子在位中病死し、昭明(しょうめい)と諡(おくりな)されたので、昭明太子とよばれる。父の武帝は、前代の斉(せい)の竟陵(きょうりょう)王蕭子良の文学サロンに出入りした竟陵の八友の一人であり、文人としても当代一流の人物である。昭明太子を中心に劉孝綽(りゅうこうしゃく)、王(おういん)らの文学集団が形成されたのも、文学を愛好した武帝の影響が大きい。この文学集団を背景とする昭明太子の『文選(もんぜん)』は、文章詩賦の正統的標準をアンソロジーによって示そうとしたものだが、六朝(りくちょう)美文の世界が典型的に集約されており、貴族的な彼らの文学観がよく現れている。詩人としての評価は一般に父や弟の簡文帝蕭綱(しょうこう)に劣るとされる。[成瀬哲生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蕭統の言及

【文選】より

…中国の六朝の梁代に編まれた詞華集。編者は梁の武帝の長子,昭明太子蕭統(しようとう)。30巻。…

※「蕭統」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

蕭統の関連キーワード魏晋南北朝文苑英華簡文帝陶潜劉勰

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蕭統の関連情報