コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉孝綽 りゅうこうしゃくLiu Xiao-chuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉孝綽
りゅうこうしゃく
Liu Xiao-chuo

[生]建元3(481)
[没]大同5(539)
中国,六朝時代の梁の文学者。彭城 (江蘇省銅山県) の人。本名,冉。孝綽は字。7歳で文をつくり,神童といわれて沈約 (しんやく) ,任 昉 (じんぼう) らに認められた。昭明太子からも知遇を得て,その詩文集の序を書いている。詩文にすぐれ,詩は清新な風格をもち,文章も当時最も流行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

劉孝綽の関連キーワード六朝時代文学者大同蕭統彭城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android