コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭明太子 しょうめいたいしZhao-ming tai-zi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昭明太子
しょうめいたいし
Zhao-ming tai-zi

[生]中興1(501)
[没]中大通3(531)
中国,六朝時代の梁の皇太子で文学者。姓名は蕭統。昭明太子は諡。梁の武帝の長子。聰明で仁愛に富み,幼少のときから学問を好み,蔵書は3万巻に近かった。劉孝綽陸すいら文学の士を集め書物について討論した。古代からにいたる賦,詩,文を集めた『文選 (もんぜん) 』を編纂。その基調となった文学観は『文選』序や『陶淵明集』序にうかがうことができる。そのほか詩文の作品もあるが,詩ではあまりすぐれた作品はない。『梁昭明太子文集』 (5巻) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうめい‐たいし〔セウメイ‐〕【昭明太子】

[501~531]中国、六朝梁(りょう)の武帝蕭衍(しょうえん)の長子。本名は統、字(あざな)は徳施。昭明は諡(おくりな)。文学を好み、中国最初の詩文集「文選(もんぜん)」の編者として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうめいたいし【昭明太子】

501~531) 中国、南北朝時代の梁の武帝の長子。本名は蕭統しようとう、字あざなは徳施、昭明は諡号しごう。詩文を好み、当時の代表的文士を招き、古来の賦・詩・文の名作を集めて「文選」を編纂した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昭明太子
しょうめいたいし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の昭明太子の言及

【文選】より

…中国の六朝の梁代に編まれた詞華集。編者は梁の武帝の長子,昭明太子蕭統(しようとう)。30巻。…

※「昭明太子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

昭明太子の関連キーワード天目山(中国)魏晋南北朝南北朝時代白璧の微瑕文華秀麗集玉台新詠文苑英華ヤムチャ薪水の労六朝時代中国文学文心雕竜文学者懐風藻簡文帝文士陶潜仁愛総集劉勰

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android