昭明太子(読み)しょうめいたいし(英語表記)Zhao-ming tai-zi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「昭明太子」の解説

昭明太子
しょうめいたいし
Zhao-ming tai-zi

[生]中興1(501)
[没]中大通3(531)
中国,六朝時代の梁の皇太子で文学者。姓名は蕭統。昭明太子は諡。梁の武帝の長子。聰明で仁愛に富み,幼少のときから学問を好み,蔵書は3万巻に近かった。劉孝綽陸すいら文学の士を集め書物について討論した。古代からにいたる,詩,文を集めた『文選 (もんぜん) 』を編纂。その基調となった文学観は『文選』や『陶淵明集』序にうかがうことができる。そのほか詩文の作品もあるが,詩ではあまりすぐれた作品はない。『梁昭明太子文集』 (5巻) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「昭明太子」の解説

昭明太子
しょうめいたいし

501〜531
南北朝時代の梁 (りよう) の武帝の長子
博学で詩文に長じ,『文選 (もんぜん) 』の編者

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「昭明太子」の解説

しょうめい‐たいし セウメイ‥【昭明太子】

〘名〙 中国、南北朝の梁の武帝の皇太子。姓は蕭。名は統。字(あざな)は徳施。昭明は諡(おくりな)。幼少から五経をあまねく暗誦していた。長じて深く仏教に帰依し、罪人に対して寛大であり、また広く文学に通じ、「正序」一〇巻、「英華集」二〇巻などを著し、特に「文選(もんぜん)」三〇巻は有名。(五〇一‐五三一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の昭明太子の言及

【文選】より

…中国の六朝の梁代に編まれた詞華集。編者は梁の武帝の長子,昭明太子蕭統(しようとう)。30巻。…

※「昭明太子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android