コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薦福寺小雁塔 せんぷくじしょうがんとうJian-fu-si xiao-yan-ta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薦福寺小雁塔
せんぷくじしょうがんとう
Jian-fu-si xiao-yan-ta

中国,陝西省西安城の南門外約 12kmにある古塔。現在は上層部が破損して相輪も失われているが,もとは四角十三重屋根の 塼塔 (せんとう) 。『修塔記』 (1116) によれば,建立年代は則天武后の文明1 (684) 年,高宗のために寺院を創建し,景竜年間 (707~709) に 15級 300尺の塔を建てたとあるが,現存の塔の記録とはいいがたい。砲弾形の外形や軒先曲線から推測すれば,唐代盛期の作と考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

薦福寺小雁塔の関連キーワード中国建築

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android