コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薦福寺小雁塔 せんぷくじしょうがんとうJian-fu-si xiao-yan-ta

1件 の用語解説(薦福寺小雁塔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薦福寺小雁塔
せんぷくじしょうがんとう
Jian-fu-si xiao-yan-ta

中国,陝西省西安城の南門外約 12kmにある古塔。現在は上層部が破損して相輪も失われているが,もとは四角十三重屋根の 塼塔 (せんとう) 。『修塔記』 (1116) によれば,建立年代は則天武后の文明1 (684) 年,高宗のために寺院を創建し,景竜年間 (707~709) に 15級 300尺の塔を建てたとあるが,現存の塔の記録とはいいがたい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

薦福寺小雁塔の関連キーワードベスビオ[山]秋田・児童連続殺害世界クロスカントリー選手権会津盆地伊勢平野上町台地海ノ中道恵那峡オーバーアマガウカヤオ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone