薩摩暦(読み)さつまごよみ

精選版 日本国語大辞典「薩摩暦」の解説

さつま‐ごよみ【薩摩暦】

〘名〙 江戸時代安永一七七二‐八一)頃から薩摩藩領主および重役に頒布した仮名暦。幕府天文方より特例を認められたもので、他のにはない独特の暦法を持つ。薩州暦(さっしゅうれき)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「薩摩暦」の解説

さつま‐ごよみ【×薩摩暦】

江戸時代、薩摩藩で特に暦編集の役人を置いて作らせ、領内だけに用いられた暦。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の薩摩暦の言及

【暦】より

…諏訪(すわ)暦とも呼ばれる。
[薩摩暦]
 島津藩の藩内だけで頒布された暦で,貞享改暦以後も遠隔の地で原稿がまにあわないということでとくに許可されて自国の暦官によって作られた。もちろん暦法は天文方と同じものを用いたが,迷信的暦注がとくに多いということくらいが特色であった。…

※「薩摩暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android