薩摩暦(読み)サツマゴヨミ

大辞林 第三版の解説

さつまごよみ【薩摩暦】

江戸時代、安永(1772~1781)の頃から、薩摩藩で使われた暦。本田与一右衛門が、藩主島津綱貴の命で、貞享暦をもとに作った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の薩摩暦の言及

【暦】より

…諏訪(すわ)暦とも呼ばれる。
[薩摩暦]
 島津藩の藩内だけで頒布された暦で,貞享改暦以後も遠隔の地で原稿がまにあわないということでとくに許可されて自国の暦官によって作られた。もちろん暦法は天文方と同じものを用いたが,迷信的暦注がとくに多いということくらいが特色であった。…

※「薩摩暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android