薩摩隼人(読み)サツマハヤト

大辞林 第三版の解説

さつまはやと【薩摩隼人】

〔古代の隼人と精悍・勇猛な点が似ているところから〕
薩摩の武士。
鹿児島県出身の男性をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さつま‐はやと【薩摩隼人】

〘名〙 (上代、薩摩地方に住んで勇猛、敏捷で知られた隼人一族に擬して) 薩摩国の武士をいう。また、近代では、一般に鹿児島県出身の若者にいう場合もある。
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「数百名の薩摩隼人(サツマハヤト)を引率する島津久光を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の薩摩隼人の言及

【薩摩国】より

…《日本書紀》白雉4年(653)7月条に〈薩麻之曲竹島之間〉とみえ,《続日本紀》大宝2年(702)8月条に薩摩・多褹(たね)を征討し,戸を校(かんが)え吏を置く,10月条に唱更(はやひと)国司の言上で国内の要害に柵を建て兵を置くとあり,その説明に唱更国とは今の薩摩国府なりとあることから,このころ薩摩国は日向国より分出設置されたと思われる。和銅2年(709)6月条に薩摩・多褹両国司とみえ,10月条に薩摩隼人郡司已下188人入朝とある。薩摩半島南部吾田(あた)の地名は薩摩以前の総称にも用いられ,住人は阿多隼人(はやと)と呼ばれたが,後には薩摩隼人,甑隼人の称が頻出し,朝廷への上番の制も整えられた。…

【隼人】より

…そのほか,古語に猛勇を〈はやし〉ということより起こるという説(本居宣長),《新唐書》倭国伝にみえる〈波邪(はや)〉の地名によるという説(喜田貞吉),暴風や8月の風を〈はやち〉と称することから,かかる疾風が夏季におそう地域を〈はや〉の地域といったという説(松岡静雄),などがある。 これらの隼人は,日向隼人,大隅隼人,薩摩隼人,甑(こしき)隼人などとそれぞれ地名を冠して呼ばれるが,彼らは地域的に割拠分散し互いに部族集団を結成して対立し,統一的な政治権力を作り上げていなかった。そのことが律令制下でもしばしば反乱を起こしながら鎮圧され,遂には大和政権の統治を許す最大の原因ともなった。…

※「薩摩隼人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薩摩隼人の関連情報