コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薫蒸剤 くんじょうざい

百科事典マイペディアの解説

薫蒸剤【くんじょうざい】

ガス状態で殺虫・殺菌効果を示す薬剤。倉庫,厨房(ちゅうぼう),浄化槽など密閉度の高い室や空間につるし,徐々に気化させることによって害虫類の駆除に用いる。長期間有効なのが特徴。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の薫蒸剤の言及

【薫蒸】より

…主として貯蔵穀物ならびに製品に繁殖する貯穀害虫類の駆除に使われるが,果実,葉タバコ,木材の害虫駆除,穀物,香辛料の殺菌,土壌消毒などにも使われる。倉庫内に投薬された薫蒸剤は徐々に気化してガスとなり,ガスは倉庫内にしだいに拡散し,倉庫全体に広がる。ガス濃度が高まると,ガスは穀物の狭い間隙(かんげき)中に浸透していくが,浸透したガスの一部は穀物の表面に収着されてしまい,残りがより深く浸透していく。…

※「薫蒸剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

薫蒸剤の関連キーワードパラホルムアルデヒドクロルピクリン土壌殺菌剤土壌消毒殺線虫剤DDVPD燻蒸剤農薬薫蒸