薬師堂石仏(読み)やくしどうせきぶつ

国指定史跡ガイドの解説

やくしどうせきぶつ【薬師堂石仏】


福島県南相馬市にある平安時代のものと伝わる磨崖仏(まがいぶつ)。指定名称は「薬師堂石仏 附阿彌陀堂石仏(つけたりあみだどうせきぶつ)」。薬師堂石仏は、南相馬市小高区(旧小高町)南部の泉沢薬師前に位置する丘の中腹、砂岩でできた岩窟の中にあり、阿弥陀堂石仏はその東隣にある。一般には、北約100mの山腹にある観音堂石仏とあわせて「大悲山の石仏」と呼ばれている。また、大悲山の石仏は、大分県の臼杵(うすき)磨崖仏、栃木県の大谷(おおや)磨崖仏とあわせて、日本三大磨崖仏といわれる。薬師堂石仏は凝灰質砂岩を刳()り抜いた間口15m、高さ5.5mの空間に4体の如来像、2体の菩薩像が半肉彫りで造形され、さらに線刻で菩薩像と飛天が描かれている。阿弥陀堂石仏は剝落が激しく、原形をほとんどとどめていないが、阿弥陀仏が刻まれていたと伝えられている。平安期の作らしいということ以外、くわしいことはほとんどわかっていない。1930年(昭和5)に国の史跡に指定された。JR常磐線桃内駅から徒歩約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android