コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬師経 やくしきょう

3件 の用語解説(薬師経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薬師経
やくしきょう

仏教経典。薬師如来の本願や功徳を説いている。数種の漢訳本があるが,普通は唐の玄奘が翻訳した『薬師瑠璃光如来本願功徳経』 (1巻) をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やくし‐きょう〔‐キヤウ〕【薬師経】

大乗経典。梵本は現存しないが漢訳に5種あったという。ふつう唐の玄奘(げんじょう)訳「薬師瑠璃光(るりこう)如来本願功徳経」1巻をさす。現世利益(げんせりやく)を説き、薬師仏の功徳を強調したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やくしきょう【薬師経】

大乗経典。「一仏薬師経」と、これを増広した「七仏薬師経」とがある。日本では一般に前者に属する唐代の玄奘げんじよう訳の「薬師瑠璃光如来本願功徳経」一巻をさす。薬師如来の一二の本願を明らかにしてその世界への往生を勧め、名号受持の功徳を説く。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone