薬師経(読み)ヤクシキョウ

デジタル大辞泉 「薬師経」の意味・読み・例文・類語

やくし‐きょう〔‐キヤウ〕【薬師経】

大乗経典梵本は現存しないが漢訳に5種あったという。ふつう唐の玄奘げんじょう訳「薬師瑠璃光るりこう如来本願功徳経」1巻をさす。現世利益げんせりやくを説き、薬師仏の功徳を強調したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「薬師経」の意味・読み・例文・類語

やくし‐きょう‥キャウ【薬師経】

  1. 薬師如来の本願と功徳を説いた経の一般的呼称。これに五経があるが、その代表的なものとして玄奘(げんじょう)訳の薬師瑠璃光如来本願功徳経一巻があり、薬師本願功徳経と略称する。
    1. [初出の実例]「因りて、川原寺にして、薬師経を説かしむ」(出典:日本書紀(720)朱鳥元年五月)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「薬師経」の意味・わかりやすい解説

薬師経
やくしきょう

仏教経典。薬師如来の本願や功徳を説いている。数種の漢訳本があるが,普通は唐の玄奘が翻訳した『薬師瑠璃光如来本願功徳経』 (1巻) をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android