コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬用植物栽培 やくようしょくぶつさいばい

1件 の用語解説(薬用植物栽培の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薬用植物栽培
やくようしょくぶつさいばい

最近,漢方薬の保険適用が許可され,病院などでも医療用として大量に処方されるようになった。そのため,漢方薬に用いられる薬用植物の使用量も増加する傾向にある。従来薬用植物は,その大部分を中国からの輸入に頼っていたが,成分含量のばらつきが多く品質が定まらず,また気候条件に左右されやすいために値段も一定しなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬用植物栽培の関連キーワードホウ酸可用性草根木皮草薬労働保険適用促進月間水溶性タール色素生命保険の保険料大黄甘草湯北九州八幡東病院使用許可薬物 (permitted drugs)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薬用植物栽培の関連情報