コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藁座 ワラザ

デジタル大辞泉の解説

わら‐ざ【×藁座】

わらで渦巻き状に編んだ円座(えんざ)。わろうだ。
開き扉の軸を受けるため、地覆(じふく)や貫(ぬき)に取り付ける金具などの部材。
鳥居の柱の根元に巻き付ける金属や木。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わらざ【藁座】

藁で作った円座。藁蓋わろうだ
軸つりの扉の回転軸を受けるため、地覆じふくや貫ぬきに取り付けた材または金具。
鳥居の柱の根もとが腐るのを防ぐために巻き付けた銅や木。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の藁座の言及

【社寺建築構造】より

…桟唐戸は宋の様式を伝えたもので,框(かまち)を組み,これに薄い板をはめる。大仏様や禅宗様では長押がないので,貫に藁座(わらざ)を打ってその穴を利用して釣り込む。框でいくつかの部分に分かれるから,そこに盲連子,彫刻や,輪違(わちがい)などの文様を表す花狭間(はなざま)と呼ばれる格子を入れることがある。…

※「藁座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藁座の関連キーワード禅宗様建築大仏様建築讃岐藁座藁座鳥居回転軸建具部材桟俵円座地覆金具

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android