コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円座/円坐 エンザ

2件 の用語解説(円座/円坐の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えん‐ざ〔ヱン‐〕【円座/円×坐】

[名](スル)
多くの人が輪の形に座ること。車座(くるまざ)。「―して話し合う」
藁(わら)菅(すげ)藺(い)などで、渦巻き形に、まるく編んだ敷物。わろうだ。わらざ。 夏》「君来ねば―さみしくしまひけり/鬼城
茶の湯で、露地の腰掛けに座布団代わりに置く敷物。真菰(まこも)や竹の皮などで円形に作る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんざ【円座】

円形の座ぶとん。元来は男子専用で,円座と無面円座の2種類があった。円座は紙で裏打ちをした京筵(むしろ)の芯を綿で包み,表に織物,裏に生絹をかぶせ,周囲に錦などの縁をつけたもの。平安時代,大饗のとき用いたもので,身分に応じて織物や縁の種類がきまっていた。織物円座,厚円座ともよばれる。これに対し無面円座は菅(すげ),藺(い),蔣(まこも),藁(わら)などで渦巻状に編みつなげて円形に作るもので,縁はつけない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

円座/円坐の関連キーワード宴穏の座円座柿革布団毛布団腰布団トーガ夏布団肉布団座布団タクローボール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone