コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円座/円坐 エンザ

デジタル大辞泉の解説

えん‐ざ〔ヱン‐〕【円座/円×坐】

[名](スル)
多くの人が輪の形に座ること。車座(くるまざ)。「―して話し合う」
藁(わら)菅(すげ)藺(い)などで、渦巻き形に、まるく編んだ敷物。わろうだ。わらざ。 夏》「君来ねば―さみしくしまひけり/鬼城
茶の湯で、露地の腰掛けに布団代わりに置く敷物。真菰(まこも)や竹の皮などで円形に作る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えんざ【円座】

円形の座ぶとん。元来は男子専用で,円座と無面円座の2種類があった。円座は紙で裏打ちをした京筵(むしろ)の芯を綿で包み,表に織物,裏に生絹をかぶせ,周囲に錦などの縁をつけたもの。平安時代大饗のとき用いたもので,身分に応じて織物や縁の種類がきまっていた。織物円座厚円座ともよばれる。これに対し無面円座は菅(すげ),(い),蔣(まこも),藁(わら)などで渦巻状に編みつなげて円形に作るもので,縁はつけない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

円座/円坐の関連キーワード小橋安蔵(こばしやすぞう)円座(わろうだ)ヤスデ(馬陸)襟回り・襟周り藁蓋・円座アイヌ舞踊ヒメヤスデ香東川公園坐・座・挫束明神古墳所狭きなし長洲[町]マルナカ京極准后家屋文鏡水落宗恵ロゼット讃岐藁座香東川茶の湯

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android