コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井介石 ふじい かいせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井介石 ふじい-かいせき

1833-1896 幕末-明治時代の武士,儒者。
天保(てんぽう)4年生まれ。幕臣藤井氏の養子となり撒兵(さっぺい)隊にはいる。戊辰(ぼしん)戦争で敗れ,榎本武揚(えのもと-たけあき)にしたがって箱館(はこだて)へむかう途中,銚子沖で難破して捕らえられた。出雲(いずも)母里(もり)藩につかえたのち,郷里の新潟にかえり子弟におしえた。明治29年4月2日死去。64歳。本姓は古川。名は保則。通称は久三

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤井介石の関連キーワード樋口一葉深刻小説ハーシェルトムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣シモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)ラザフォード(1st Baron Rutherford of Nelson Ernest Rutherford)[各個指定]芸能部門ピエール キヤール

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android