藤井裕久(読み)ふじい ひろひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井裕久 ふじい-ひろひさ

1932- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和7年6月24日生まれ。昭和30年大蔵省に入省し,大蔵省主計局主計官などをつとめる。52年自民党から出馬し参議院議員当選,2期つとめる。59年参議院大蔵委員長。平成2年衆議院議員に初当選(当選7回)。5年自民党を離党,新生党結党にくわわる。同年細川内閣,6年羽田(はた)内閣で蔵相就任。のち新進党,自由党をへて民主党にくわわり,16年民主党幹事長。19年民主党最高顧問,税制調査会長に就任。21年鳩山連立内閣の財務相。24年引退。東京都出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤井裕久の関連情報