コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離党 リトウ

デジタル大辞泉の解説

り‐とう〔‐タウ〕【離党】

[名](スル)所属している政党・党派を離脱すること。「意見の対立で離党する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

離党

所属する政党や党派から離脱すること。議員からの離党届に対して、党側は党規違反などを理由に離党を認めず、除籍(除名)処分とすることがある。民主党は前回衆院選で当選した308人のうち、これまで78人が離党。多くが除籍処分となった。この民主離党組のうち、今回は日本未来の党から59人、日本維新の会から7人が立候補した。

(2012-12-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

りとう【離党】

( 名 ) スル
それまで所属していた政党・党派を離れること。 ↔ 入党 「主義を異にして-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

離党の関連キーワード日本を元気にする会サラリーマン新党国民の生活が第一新党結成への動きフロムファイブマリアン ルプたちあがれ日本保守党(日本)スポーツ平和党トルコ総選挙改革結集の会新党さきがけ新自由クラブ社会民主連合みどりの風ケストラー鳩山由紀夫新党みらいみんなの党レッシング

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離党の関連情報