藤原保輔(読み)ふじわらの やすすけ

  • 藤原保輔 ふじわらの-やすすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-988 平安時代中期の官吏。
南家藤原元方の。藤原致忠(むねただ)の4男。武人として有名な藤原保昌(やすまさ)の。正五位下,右馬助。のち強盗首領となり,追討の宣旨(せんじ)をこうむること15度という。逮捕されたとき切腹し,翌日の永延2年6月17日獄中死去

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:永延2.6.17(988.8.2)
生年:生年不詳
平安中期の下級官人。正五位下どまりで右馬助,右兵衛尉などを歴任。寛和1(985)年,兄斉明と共に 弾正少弼大江匡衡,下総守藤原季孝を刃傷した罪で追われ,兄は近江で殺されたが保輔は逃亡した。また死の年には藤原景斉邸への強盗や源忠良,平維時の殺害計画が露見し,追及の手を逃れるため出家したが,捕らえられ獄中で自殺した。切腹のさい自らの手で腸を引きずり出すという壮絶な死にかたが『続古事談』にみえる。「強盗の張本,本朝第一の武略,追討宣旨を蒙る事十五度」(『尊卑分脈』)。後世,『今昔物語集』などに登場する伝説上の大盗賊「袴垂保輔」と混同され,アウトサイダー的な存在とみなされる。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android