コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原宗弘 ふじわらの むねひろ

2件 の用語解説(藤原宗弘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原宗弘 ふじわらの-むねひろ

?-? 平安時代後期の画家。
鳥羽(とば)院,後白河院につかえる。保延(ほうえん)元年(1135)鳥羽殿の地形を図絵にし,翌年大和(奈良県)内山永久寺真言堂の東西障子絵「密教両部大経感得図」(藤田美術館蔵)をえがく。元暦(げんりゃく)元年(1184)後鳥羽天皇の大嘗会(だいじょうえ)には主基(すき)屏風(びょうぶ)の作絵(つくりえ)を担当している。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原宗弘

生年:生没年不詳
平安後期の宮廷絵師。保延1(1135)年,鳥羽殿の地形を図する(『長秋記』)。翌2年供養の奈良内山永久寺真言堂の東西障子絵を描く(『内山之記』『内山置文』)。元暦1(1184)年,後鳥羽天皇の大嘗会に当たり,主基方(西方)絵所の作絵の絵師に定められる(『山槐記』)。鳥羽院,後白河院に仕えた当代一流の絵師のひとりとみられる。永久寺東西障子絵「密教両部大経感得図」(藤田美術館蔵)が現存する。<参考文献>柳沢孝「大和永久寺真言堂障子絵と藤田本密教両部大経感得図」(『美術研究』224号)

(長谷川稔子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原宗弘の関連キーワード高階隆兼土佐光長中右記千枝長承常盤光長保延巨勢弘高道顕(2)隆暁

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone