藤原実兼(1)(読み)ふじわらの さねかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原実兼(1) ふじわらの-さねかね

1085-1112 平安時代後期の漢詩人,官吏。
応徳2年生まれ。南家藤原季綱(すえつな)の次男。藤原通憲(みちのり)の父。鳥羽(とば)天皇に東宮時代からつかえ,文章生(もんじょうしょう)から蔵人(くろうど)となる。「本朝無題詩」などに詩文があるほか,大江匡房(まさふさ)の言談である「江談(ごうだん)抄」の筆録者とつたえられる。天永3年4月2日死去。28歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android