コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原実兼(1) ふじわらの さねかね

1件 の用語解説(藤原実兼(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原実兼(1) ふじわらの-さねかね

1085-1112 平安時代後期の漢詩人,官吏。
応徳2年生まれ。南家藤原季綱(すえつな)の次男。藤原通憲(みちのり)の父。鳥羽(とば)天皇に東宮時代からつかえ,文章生(もんじょうしょう)から蔵人(くろうど)となる。「本朝無題詩」などに詩文があるほか,大江匡房(まさふさ)の言談である「江談(ごうだん)抄」の筆録者とつたえられる。天永3年4月2日死去。28歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原実兼(1)の関連キーワード本田昂斎扶桑集小野斐郷菊池秋浦紀在昌巨勢識人信貞松橋江城松原東皐三上静一

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone