コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴林寺 かくりんじ

8件 の用語解説(鶴林寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴林寺
かくりんじ

兵庫県加古川市にある天台宗の寺。聖徳太子の開基と伝えられる。白鳳時代の仏像,平安時代末期から中世にかけての建築,彫刻,絵画の遺品を蔵している。太子堂はもと法華堂で,天永3 (1112) 年の建築当時の壁画を残す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かくりん‐じ【鶴林寺】

兵庫県加古川市にある天台宗の寺。山号は刀田山(とたさん)。秦河勝(はたのかわかつ)聖徳太子の命で建立したと伝えられ、平安中期ごろの創建。もと、法相三論兼宗。本堂・太子堂は国宝。刀田の太子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鶴林寺【かくりんじ】

兵庫県加古川市加古川町にある天台宗の寺。本尊薬師如来。聖徳太子の開基と伝え刀田の太子と俗称され,太子信仰で知られる。1112年に建立された宝形造の太子堂(国宝),1397年ころ建立の本堂(もと講堂)その他平安末から室町時代にかけての遺構がそろっている。
→関連項目加古川[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

鶴林寺

兵庫県加古川市にある寺院。創建は589年。宗派は天台宗、本尊は薬師如来。国宝の本堂、太子堂のほか多くの文化財を保有。

鶴林寺

徳島県勝浦郡勝浦町にある寺院。798年創建。宗派は高野山真言宗、本尊は地蔵菩薩。鷲が尾(標高550m)の山頂に位置し、急傾斜の参道は「遍路ころがし」と呼ばれる難所のひとつ。四国八十八ヶ所霊場第20番札所。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かくりんじ【鶴林寺】

兵庫県加古川市にある天台宗の寺。山号は刀田山(とださん)。〈刀田の太子〉と俗称され,揖保郡太子町の斑鳩寺(はんきゆうじ)の〈鵤(いかるが)の太子〉とともに,播磨の太子信仰を二分する。寺伝では,587年(用明天皇2)聖徳太子が秦河勝(はたのかわかつ)に命じて三間四面の精舎を建立,自作の釈迦三尊四天王像を安置したのに始まり,718年(養老2)武蔵国大目身人部春則(みひとべのはるのり)が七堂伽藍を修造,刀田山四天王寺と号したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かくりんじ【鶴林寺】

兵庫県加古川市にある天台宗の寺。山号は刀田とだ山。通称、戸田太子堂。聖徳太子の創建と伝える。宝形ほうぎよう造りの太子堂は1112年建立で、国宝。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴林寺
かくりんじ

兵庫県加古川(かこがわ)市加古川町北在家(きたざいけ)にある天台宗の寺。刀田山聖霊院(とたさんしょうりょういん)と号する。通称刀田太子堂。「刀田の太子さん」「播磨(はりま)の法隆寺」といわれる。6世紀なかば、高句麗(こうくり)の僧恵便(えびん)が排仏の難を逃れてこの地に住していたところ、恵便の弟子聖徳太子がそれを聞いて開創、のち秦河勝(はたのかわかつ)に命じて堂を建立したのに始まるという。また、太子がこの地で百済(くだら)の日羅(にちら)と会い、その帰国を遮って刀を立てたことから刀田山というと伝える。奈良時代には法隆寺に属し、761年(天平宝字5)の『法隆寺縁起資財帳』に講法花経料として載る賀古郡一百町はこの地であるという。835年(承和2)円仁(えんにん)(慈覚(じかく)大師)が入唐(にっとう)に際し諸堂を修理して以来、天台宗となり、鳥羽(とば)天皇の勅願所となった。太子堂は様式上平安末期の建立、本堂は室町時代の建造で、いずれも国宝に指定されている。ほかに鐘楼、護摩(ごま)堂、行者堂、常行堂があり、絹本着色聖徳太子絵伝8幅、銅造聖観音(しょうかんのん)立像、木造釈迦(しゃか)三尊像などとともに国の重要文化財に指定されている。[田村晃祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴林寺の関連キーワード兵庫県加古川市加古川町粟津兵庫県加古川市加古川町稲屋兵庫県加古川市加古川町大野兵庫県加古川市加古川町河原兵庫県加古川市加古川町北在家兵庫県加古川市加古川町中津兵庫県加古川市加古川町備後兵庫県加古川市野口町野口兵庫県加古川市別府町兵庫県加古川市山手

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鶴林寺の関連情報