コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原朝方 ふじわらの ともかた

3件 の用語解説(藤原朝方の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原朝方 ふじわらの-ともかた

1135-1201 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
保延(ほうえん)元年生まれ。藤原朝隆の子。母は葉室顕隆(あきたか)の娘。鳥羽(とば),後白河両院政で院庁別当として活躍。安元元年(1175)参議,のち権(ごんの)大納言,正二位。堤大納言とよばれた。源義仲,源頼朝のために2度解官(げかん)されたがまもなく復帰。能書としても知られた。建仁(けんにん)元年2月16日死去。67歳。

藤原朝方 ふじわらの-あさかた

ふじわらの-ともかた

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原朝方

没年:建仁1.2.16(1201.3.22)
生年:保延1(1135)
平安末・鎌倉初期の公家。権中納言朝隆の子,母は朝隆の兄顕隆の娘。三条大納言,堤大納言と号す。永治1(1141)年鳥羽院判官代から六位蔵人となり,弁官などを経て安元1(1175)年参議,寿永2(1183)年正二位,文治4(1188)年権大納言。治承3(1179)年の後白河法皇鳥羽殿幽閉時さえ法皇と音信をとり続けるなど,法皇の近臣として活躍した朝方も『玉葉』では「白物」(愚者の意)と酷評されたりしている。傀儡子「さはのあこ丸」のパトロンでもあり,また能書家としても有名。<参考文献>飯田悠紀子「平安時代の国衙支配形態をめぐる一考察」(『日本歴史』1970年3月号)

(小川寿子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原朝方の関連キーワード豊岡尚資野宮定晴藤谷為敦四辻季賢四納言藤原家通藤原実宗藤原長兼藤原光雅藤原宗家

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone