藤原為顕(読み)ふじわらの ためあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原為顕 ふじわらの-ためあき

?-? 鎌倉時代の公家,歌人。
藤原為家の子。二条為氏,京極為教の弟,冷泉為相(れいぜい-ためすけ)の兄にあたる。従五位上,侍従。歌学書「竹園抄」の原著者で,作歌が「続拾遺和歌集」などにはいる。永仁(えいにん)3年(1295)まで事績が確認されている。法名は明覚

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android