コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明覚 めいかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明覚
めいかく

平安時代の天台宗僧。悉曇 (しったん) 学者。五大院安然の学徳を慕って隔世の弟子と称した。加賀の温泉寺隠棲して悉曇に関する著作を著わした。主著『悉曇要決』『梵字形音義』『注大仏頂陀羅尼』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みょうがく〔ミヤウガク〕【明覚】

[1056~?]平安後期の天台宗の僧。加賀の温泉寺に住し、悉曇(しったん)学・国語音韻などの研究にすぐれた業績を残した。著「悉曇大底」「梵字形音義(ぼんじぎょうおんぎ)」「悉曇要訣(しったんようけつ)」など。めいかく。

めいかく【明覚】

みょうがく(明覚)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明覚 めいかく

みょうかく

明覚 みょうかく

1056-? 平安時代後期の僧,音韻学者。
天喜(てんぎ)4年生まれ。天台宗。延暦(えんりゃく)寺でまなび,のち加賀(石川県)の温泉寺に隠棲(いんせい)して加州隠者と称した。悉曇(しったん)(梵字(ぼんじ))の発音,字義を研究しておおくの著作をのこし,後世の音韻学に影響をあたえた。号は温泉房。著作に「反音作法」「悉曇要訣」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうかく【明覚】

めいかく【明覚】

1056~?) 平安後期の天台宗の学僧。悉曇しつたん学中興の祖。音韻史・五十音図研究にも業績を残した。著「反音作法」「梵字形音義」「悉曇要訣」など。みょうかく。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明覚
めいかく
(1056―1122以後)

「みょうがく」ともいう。平安末期の天台宗学僧。音韻学・悉曇(しったん)学の研究者。温泉房あるいは唯心(ゆいしん)房と号す。若年に比叡(ひえい)山で研学を積み、後年加賀国(石川県)温泉寺に住して数多くの著作を残し、後世に大きな影響を与えた。『反音作法』『梵字(ぼんじ)形音義』『悉曇要訣(ようけつ)』『悉曇大抵』『悉曇秘』などが代表著作であるが、ほかに平安時代の呉音研究に重要な意味をもつ『九条家本法華経(ほっけきょう)音』も彼の原撰(げんせん)である可能性が強い。その学問の特徴は五十音図を基調にして字音・悉曇を考究した点にあるといえる。[沼本克明]
『馬渕和夫著『日本韻学史の研究』全三巻(1962~65・日本学術振興会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の明覚の言及

【悉曇要訣】より

…平安時代の僧,明覚(みようがく)の著。4巻。…

※「明覚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

明覚の関連キーワード玉川(埼玉県の旧町名)法灯派・法燈派ときがわ(町)雪竇重顕山田宗徧福知山城雪潭紹璞明窓宗鑑藤原為顕沼本克明国語学都幾川宗徧流悉曇学天喜反切重顕

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明覚の関連情報