コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条為氏 にじょう

百科事典マイペディアの解説

二条為氏【にじょうためうじ】

鎌倉中期の歌人。二条家の祖(〈二条〉と号したのは子の為世から)。藤原為家の子。祖父定家・父に和歌を学び,和歌の家を継承。官位権大納言にいたった。《続拾遺集》の撰者で,家集に《大納言為氏卿集》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条為氏 にじょう-ためうじ

1222-1286 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
貞応(じょうおう)元年生まれ。藤原為家の長男。母は宇都宮頼綱の娘。祖父藤原定家(さだいえ)の寵愛(ちょうあい)をうけ,父に和歌をならう。二条家の祖。遺領を異母弟冷泉為相(れいぜい-ためすけ)とあらそい,また弟京極為教とも不和で,歌道家の分裂をまねいた。亀山上皇の命で「続(しょく)拾遺和歌集」を撰集した。正二位,権(ごんの)大納言。弘安(こうあん)9年9月14日死去。65歳。御子左(みこひだり)為氏とも。
【格言など】春の夜のかすみのまより山のはをほのかにみせて出づる月かげ(「続拾遺和歌集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

二条為氏

没年:弘安9.9.14(1286.10.3)
生年:貞応1(1222)
鎌倉時代中期の歌人。父は権大納言藤原為家,母は宇都宮頼綱の娘。正二位権大納言に至る。弘安8(1285)年に出家。法名は覚阿。宝治1(1247)年『百三十番歌合』,同2年『宝治百首』など,多くの歌合,歌会に出詠。亀山上皇の下命により,『続拾遺和歌集』を選進するなど,御子左家の嫡男として歌壇の中心的地位を占めたが,弟為教や義母阿仏尼との不仲は,二条,京極,冷泉の3家分裂の原因となった。代表作に,『続後撰和歌集』に採られた「人問はば見ずとや言はむ玉津島かすむ入江の春のあけぼの」がある。家集『大納言為氏卿集』は,為氏・為世父子の歌を集めたものである。

(加藤睦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二条為氏
にじょうためうじ

[生]貞応1(1222)
[没]弘安9(1286).9.14.
鎌倉時代の公卿,歌人。法名,覚阿。御子左家 (みこひだりけ) 。父は藤原定家の子為家。母は宇都宮頼綱の娘。正二位,権大納言。『続拾遺和歌集』の撰者。 (→京極家 , 二条家 , 冷泉家 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二条為氏
にじょうためうじ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

二条為氏の関連キーワード後嵯峨院大納言典侍二条家(歌の家)御子左為氏飛鳥井雅有二条為世京極為兼中臣祐春冷泉為守京極為教藤原為顕五条為実源承定為寂恵

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android