京極為教(読み)きょうごく ためのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極為教 きょうごく-ためのり

1227-1279 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
嘉禄(かろく)3年閏(うるう)3月20日生まれ。藤原為家(ためいえ)の子。歌道の藤原北家の御子左(みこひだり)家に生まれる。父の死後兄為氏(ためうじ)の二条家,弟為相(ためすけ)の冷泉(れいぜい)家に対し,京極家をおこす。従二位,非参議。作品は「河合社(かわいのやしろ)歌合(うたあわせ)」「続後撰和歌集」などにみられる。弘安(こうあん)2年5月24日死去。53歳。号は毘沙門堂

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

京極為教

没年:弘安2.5.24(1279.7.4)
生年:安貞1.閏3.20(1227.5.7)
鎌倉時代の歌人。藤原為家の3男。母は宇都宮頼綱の娘。二条為氏は同母兄,冷泉為相は異母弟。為兼の父。近衛少将,蔵人頭,右兵衛督を経て非参議従二位に至る。法名,明正または明心。若年より西園寺実氏の庇護を受け,後嵯峨院の近臣でもあった。寛元1(1243)年河合社歌合以来,多くの歌会,歌合に出詠。『弘安百首』『嘉元百首』作者。兄為氏と不仲であったと伝えられ(『井蛙抄』),次代の二条,京極両家対立の一因を為した。為氏の『続拾遺集』選進に際して子の為子,為兼の入集増を懇願したが聴きいれられなかったという(「岩崎家所蔵手鑑」)。

(田仲洋己)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

京極為教 (きょうごくためのり)

生年月日:1227年3月20日
鎌倉時代前期の歌人;公卿
1279年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の京極為教の言及

【京極家】より

…中世初期の歌道家。藤原氏御子左家(みこひだりけ)の一流。為家の子の為教(ためのり)が定家の一条京極亭を伝領し,京極を号したことによる。毘沙門堂家ともいう。為教とその子京極為兼(ためかね)は二条家に対抗して持明院統・西園寺家に親近して立場を確立し,伏見天皇の側近を中心に京極派を形成して歌道の覇権を握る。京極派は中世の勅撰和歌集のうち《玉葉和歌集》(為兼撰),《風雅和歌集》(花園院監)を撰して,その存在を誇示するが,為兼に実子がなく,その没後まもなく断絶する。…

※「京極為教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報