コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原知家 ふじわらの ともいえ

2件 の用語解説(藤原知家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原知家 ふじわらの-ともいえ

1182-1258 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
寿永元年生まれ。藤原顕家(あきいえ)の子。正三位,中宮亮(すけ)となる。六条家の歌人で,号は九条,大宮。藤原定家に師事したが,のち反御子左(みこひだり)派の立場にたち,藤原為家の判詞に反論して「蓮性(れんしょう)陳状」をあらわした。勅撰集には120首がはいる。正嘉(しょうか)2年11月死去。77歳。法名は蓮性。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原知家

没年:正嘉2.11(1258)
生年:寿永1(1182)
鎌倉時代の歌人。藤原顕家と源師兼の娘の子。法名蓮性。建保3(1215)年の『内裏名所百首』など,建保年間ごろから公的な和歌活動を開始した。六条家の出身ながら御子左家の藤原定家の指導を受け,歌界に地歩を占めた。しかし定家の息子為家に対してはしだいに不満を抱くようになり,判者をも務めた『春日若宮社歌合』(1246)では,真観らと共に反御子左派の立場を明らかにした。『百三十番歌合』では,為家の判を不服として『蓮性陳状』(1248)を著した。家集および「明玉集」と呼ばれる私選集があったらしいが,伝存はしない。<参考文献>井上宗雄「六条藤家の盛衰」(『国文学研究』1957年3月号)

(渡部泰明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原知家の関連キーワード宮内卿鑁也藤原顕家(1)藤原顕家(2)藤原顕氏藤原隆祐藤原隆博藤原長経藤原雅長源師仲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone