コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判詞 ハンシ

4件 の用語解説(判詞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はん‐し【判詞】

歌合わせ・句合わせなどで、判者が優劣・可否を判定して述べる言葉。はんのことば

はん‐の‐ことば【判詞】

はんし(判詞)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はんし【判詞】

和歌,漢詩,俳諧の優劣を判定した詞(ことば)。とくに歌合句合において,判者が番(つが)わされた左右の歌・句についての優劣を勝・持(じ)(判定しがたい場合)とし,その判定理由を書いた詞をいうことが多い。平安初期をやや下ったころに起こり,鎌倉初期盛んとなった文学的歌合において,複数判者や衆議判,判に対する反駁としての陳状,さらに改判,再判などが行われた。俳諧もこの形式をつぎ,貞門では立圃(りゆうほ),季吟が好んだが,蕉門ではことに重視され,芭蕉は《貝おほひ》において判詞の持つ批評性を新しい俳風の創出に生かし,以後も芭蕉判《俳諧合》,衆議判《蛙合》といったぐあいに,俳風の屈折点において句合を試み,新風の主張を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はんし【判詞】

歌や句の優劣の判定を述べた詞ことば

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone