コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳状 チンジョウ

4件 の用語解説(陳状の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちん‐じょう〔‐ジヤウ〕【陳状】

実状を述べること。また、その文書。
中世の訴訟で、訴人(原告)の訴状に対して、論人(被告)が提出した弁駁(べんぱく)反論の申し状。→訴状

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちんじょう【陳状】

(1)日本の古文書の一様式。一般に上級の人格または機関の勘問に対して,自己の非ならざる理由を陳弁する上申文書。勘問はさまざまな理由で行われたが,訴訟において訴人の提出した訴状への陳答を求める場合が多く,この場合,訴状と陳状の両者を総称して訴陳状といった。その書式は,本来は解(げ)状の形式であるが,中世,〈何某謹陳(弁)申〉〈何某支言上〉などと書き出し,〈陳(弁)申如件〉〈支言上如件〉などと書き止める申状の形式が多用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちんじょう【陳状】

( 名 ) スル
状況を説明すること。また、その文書。 「然れば潘果-して職を罷る/今昔 9
中世、訴人の訴状に対して、論人(被告)が提出した反論のための文書。 → 訴状

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳状
ちんじょう

中世の訴訟制度において訴状に対し、それを反論弁駁(べんばく)するために論人(ろんにん)(被告)が提出する文書。支状(ささえじょう)、目安(めやす)ともいう。書式は一定していないが、書き出しは「某謹陳申(つつしんでちんじもうす)」「某謹弁申(つつしんでべんじもうす)」「某支言上(ささえごんじょうす)」などと記され、書き止めは「陳申如件(くだんのごとし)」「弁申如件」「支言上如件」などと記された。用紙は通例は竪紙(たてがみ)であるが、ときには折紙(おりがみ)(この場合日付は記されない)も用いられた。中世の裁判は当事者主義的傾向が強く、訴人(原告)と論人の文書を通しての応酬(訴陳(そちん)に番(つが)う)が重要な位置を占めたが、幕府法ではそれが3回まで認められた(三問三答。公家(くげ)法は2回)。最初の陳状は初答状、2回目は二答状、3回目は三答状といい、二答状と三答状は重陳状(かさねちんじょう)ともよばれた。[黒田弘子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陳状の関連キーワード古文書学訴状召文注文借券証状相田二郎交名注文紛失状

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone