コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳状 チンジョウ

デジタル大辞泉の解説

ちん‐じょう〔‐ジヤウ〕【陳状】

実状を述べること。また、その文書。
中世の訴訟で、訴人(原告)の訴状に対して、論人被告)が提出した駁(べんぱく)反論の申し状。→訴状

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちんじょう【陳状】

(1)日本の古文書の一様式。一般に上級の人格または機関の勘問に対して,自己の非ならざる理由を陳弁する上申文書。勘問はさまざまな理由で行われたが,訴訟において訴人の提出した訴状への陳答を求める場合が多く,この場合,訴状と陳状の両者を総称して訴陳状といった。その書式は,本来は解(げ)状の形式であるが,中世,〈何某謹陳(弁)申〉〈何某支言上〉などと書き出し,〈陳(弁)申如件〉〈支言上如件〉などと書き止める申状の形式が多用された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちんじょう【陳状】

( 名 ) スル
状況を説明すること。また、その文書。 「然れば潘果-して職を罷る/今昔 9
中世、訴人の訴状に対して、論人(被告)が提出した反論のための文書。 → 訴状

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳状
ちんじょう

中世の訴訟制度において訴状に対し、それを反論弁駁(べんばく)するために論人(ろんにん)(被告)が提出する文書。支状(ささえじょう)、目安(めやす)ともいう。書式は一定していないが、書き出しは「某謹陳申(つつしんでちんじもうす)」「某謹弁申(つつしんでべんじもうす)」「某支言上(ささえごんじょうす)」などと記され、書き止めは「陳申如件(くだんのごとし)」「弁申如件」「支言上如件」などと記された。用紙は通例は竪紙(たてがみ)であるが、ときには折紙(おりがみ)(この場合日付は記されない)も用いられた。中世の裁判は当事者主義的傾向が強く、訴人(原告)と論人の文書を通しての応酬(訴陳(そちん)に番(つが)う)が重要な位置を占めたが、幕府法ではそれが3回まで認められた(三問三答。公家(くげ)法は2回)。最初の陳状は初答状、2回目は二答状、3回目は三答状といい、二答状と三答状は重陳状(かさねちんじょう)ともよばれた。[黒田弘子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

陳状の関連キーワード六百番陳状六百番歌合コリャード訴陳に番う猫のさうし猫の草子藤原知家二条為世コリャド三問三答催促状初答状支え状三答状六条家重訴状判詞竪紙目安顕昭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android