コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原穆子 ふじわらの ぼくし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原穆子 ふじわらの-ぼくし

931-1016 平安時代中期,源雅信(まさのぶ)の妻。
承平(じょうへい)元年生まれ。藤原朝忠(あさただ)の娘。源倫子(藤原道長の妻),寂源(じゃくげん)らを生む。夫の死で出家,一条尼とよばれた。長和5年7月26日死去。86歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原穆子

没年:長和5.7.26(1016.8.31)
生年:承平1(931)
平安中期の貴族の女性。従四位下。一条尼。中納言藤原朝忠の娘。左大臣源雅信と結婚し,倫子,時通,時叙らを生む。父から譲られた土御門第に夫を迎えて同居し,倫子の結婚に際しては,夫の反対を抑えて藤原道長を婿に迎えた。その後,夫や未婚の子女と一緒に一条第に移居。倫子が後一条・後朱雀両天皇の母となる彰子や三条天皇皇后妍子らを出産する一方,婿道長は洞察通りの昇進をし,摂関時代の頂点に立った。藤原道綱を婿にした娘の中の君が出産により死去すると,悲嘆に暮れながらも孫を引き取って養育し,婿たちへの季節ごとの贈り物も欠かさなかった。正暦4(993)年に夫が死ぬと出家して尼となり,東山の観音寺に無常所を作り法事を修している。娘たちから70歳算の修法を盛大に営んでもらい,86歳で死去したのちは,遺言通り観音寺で葬送や法事が営まれた。

(服藤早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤原穆子の関連キーワード寂源(1)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android