コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原朝忠 ふじわらの あさただ

2件 の用語解説(藤原朝忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原朝忠 ふじわらの-あさただ

910-967* 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
延喜(えんぎ)10年生まれ。藤原定方の5男。母は藤原山蔭の娘。従三位となり,応和3年(963)中納言。土御門(つちみかど)中納言とよばれた。三十六歌仙のひとりで,笙(しょう)の名手。「後撰和歌集」以下の勅撰集に21首がはいる。康保(こうほう)3年12月2日死去。57歳。家集に「朝忠集」。
【格言など】逢ふ事のたえてしなくはなかなかに人をも身をも恨みざらまし(「小倉百人一首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのあさただ【藤原朝忠】

910~966) 平安中期の歌人。三十六歌仙の一人。定方の子。従三位中納言。土御門中納言と号す。多彩な恋愛贈答歌を残し、晴の歌にもすぐれていた。「後撰和歌集」以下の勅撰集に二一首入集。家集「朝忠集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原朝忠の関連キーワード高明大石峯良勝岡金春氏安宅磨為氏源清鑒源近善源憲定源基平源泰清

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone