コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原朝忠 ふじわらの あさただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原朝忠 ふじわらの-あさただ

910-967* 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
延喜(えんぎ)10年生まれ。藤原定方の5男。母は藤原山蔭の娘。従三位となり,応和3年(963)中納言。土御門(つちみかど)中納言とよばれた。三十六歌仙のひとりで,笙(しょう)の名手。「後撰和歌集」以下の勅撰集に21首がはいる。康保(こうほう)3年12月2日死去。57歳。家集に「朝忠集」。
【格言など】逢ふ事のたえてしなくはなかなかに人をも身をも恨みざらまし(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじわらのあさただ【藤原朝忠】

910~966) 平安中期の歌人。三十六歌仙の一人。定方の子。従三位中納言。土御門中納言と号す。多彩な恋愛贈答歌を残し、晴の歌にもすぐれていた。「後撰和歌集」以下の勅撰集に二一首入集。家集「朝忠集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藤原朝忠の関連キーワード天徳内裏歌合三十六歌仙天徳歌合本院侍従藤原穆子中納言家集

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android