コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源倫子 みなもとの りんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源倫子 みなもとの-りんし

964-1053 平安時代中期,藤原道長の妻。
康保(こうほう)元年生まれ。源雅信の娘。母は藤原穆子(ぼくし)。藤原頼通(よりみち),教通(のりみち),彰子(一条天皇中宮),妍子(三条天皇中宮),威子(後一条天皇中宮),嬉子(敦良(あつなが)親王妃)を生む。従一位,准(じゅ)三宮。鷹司殿とよばれた。天喜(てんぎ)元年6月11日死去。90歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源倫子

没年:天喜1.6.11(1053.6.29)
生年:康保1(964)
平安中期の貴族の女性。藤原道長の外戚政権を実質的に完成させた女性。従一位。源雅信と藤原穆子の娘。道長と結婚し,彰子,頼通,妍子,教通,威子,嬉子を生む。幼少期より后がねとして養育されたが,道長に見初められ,父の反対を説得した母の貢献で永延1(987)年結婚,嫡妻となり実家で同居。翌年彰子,正暦3(992)年に頼通,同5年妍子と次々に理想的な出産を遂げる。道長の姉東三条院詮子との仲も良く,長徳4(998)年従三位。長女彰子が一条天皇の中宮になると,長保2(1000)年従二位。その後彰子は敦成親王(後一条天皇),敦良親王(後朱雀天皇)を出産。妍子は三条天皇皇后,威子は後一条天皇皇后となり,男子も摂政,大臣に上った。天皇の外祖母として,従一位,准三宮という臣下女性最高の栄誉を受け,后母として皇后たちに補佐助言を与えた。妍子,威子,夫に先立たれ,出家して法成寺供養などに晩年を送る。90歳の長寿を保ち,没後は夫とは別に,仁和寺の源氏の氏墓に葬られた。<参考文献>岩井隆次「従一位源倫子」(『古代文化』37巻11号)

(服藤早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の源倫子の言及

【宇多源氏】より

…宇多天皇を祖とする賜姓源氏。一世の賜姓は藤原忠平室となった源順子など女子のみで,他は斉世,敦慶,敦固,敦実諸親王の子の賜姓である。敦実親王の系統が最も栄えた。親王の子源雅信(920‐993)は左大臣として朝廷に重きをなし,弟重信(922‐995)も左大臣に昇ったが,ともに父敦実親王の才能をうけて音楽の道に秀でていた。雅信の兄の寛朝(かんちよう),弟雅慶(がけい)はともに東寺長者,法務,大僧正となり,真言密教の重鎮として活躍した。…

※「源倫子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

源倫子の関連キーワード上東門院赤染衛門藤原長家藤原教通土御門殿藤原嬉子藤原基子藤原妍子藤原威子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android