藤原繁子(読み)ふじわらの はんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原繁子 ふじわらの-はんし

?-? 平安時代中期の女官。
藤原師輔(もろすけ)の娘。円融天皇女御(にょうご)藤原詮子につかえ,一条天皇の乳母となる。藤原道兼との間に娘尊子(一条天皇の女御)をもうけた。典侍,従三位。藤三位とよばれる。のち平惟仲(これなか)と再婚,寛仁(かんにん)3年(1019)まで消息がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原繁子

生年:生没年不詳
平安中期の女官藤原師輔の娘。はじめ円融天皇女御藤原詮子に仕え,天元3(980)年,懐仁親王(一条天皇)の乳母となる。のち典侍,従三位。藤原道兼との娘尊子を,一条天皇女御とする。平惟仲と再婚し,その没後は好明寺に隠棲した。<参考文献>角田文衛「藤三位繁子」(『王朝の映像』)

(西村さとみ)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android