コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原道兼 ふじわらのみちかね

7件 の用語解説(藤原道兼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原道兼
ふじわらのみちかね

[生]応和1(961).京都
[没]長徳1(995).5.8. 京都
平安時代中期の廷臣。別称,粟田殿,二条殿,町尻殿。兼家の子。母は藤原中正の娘時姫。寛和2 (986) 年父の意向を体して花山天皇に退位,出家を迫り,一条天皇を即位させた。同年参議,さらに権中納言に進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐みちかね〔ふぢはら‐〕【藤原道兼】

[961~995]平安中期の公卿。兼家の三男。兄道隆の死後関白に就任したがわずか7日で病没し、世に七日関白と称された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原道兼 ふじわらの-みちかね

961-995 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
応和元年生まれ。藤原兼家の3男。母は藤原中正の娘時姫。策謀によって花山(かざん)天皇を出家にさそいこみ,父の摂政就任後は急速に昇進。右大臣をへて,兄道隆の死去で長徳元年関白となるが,同年5月8日死去。35歳。号は粟田,二条,また就任間もなく死去したため七日関白とも称された。贈正一位太政大臣

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原道兼

没年:長徳1.5.8(995.6.8)
生年:応和1(961)
平安中期の公卿。粟田関白,二条関白と称される。摂関兼家と藤原中正の娘時姫の次男。外孫(一条天皇)の即位をすすめる父の策略に一役買う。寛和2(986)年,花山天皇の道心につけこんで自分も出家するとみせかけ,天皇を夜陰に乗じて内裏から密かに連れ出し,元慶寺(京都市山科区。花山寺ともいう)で剃髪に追い込んだ。正暦5(994)年右大臣。翌年に病死した兄道隆に代わって関白,氏長者となったが,11日後には病死し,世間から七日関白といわれた。この年は疫病が流行し,同じ日に左大臣源重信も死去,年内に6人の公卿が死んだ。平安京の二条町尻に持った邸宅は町尻殿と呼ばれ,京外の東にも粟田山荘を構えた。「容貌は悪く,剛腹で片意地ところがあり,偏執的な性格」とは『大鏡』や『栄花物語』の道兼評。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのみちかね【藤原道兼】

961‐995(応和1‐長徳1)
平安中期の公卿。摂政兼家の四男。母は摂津守藤原中正の女時姫。花山天皇に蔵人として仕えたが,986年(寛和2)父兼家の指図により,偽って天皇を内裏より東山花山寺に連れ出して出家させた。兼家の摂政就任後,連年官位を進めて右大臣に昇り,995年兄道隆の没後,待望の関白の座についたが,就任の奏慶後,わずか7日で没したので,〈七日関白〉と称された。世に粟田関白,町尻殿と号した。【橋本 義彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのみちかね【藤原道兼】

961~995) 平安中期の廷臣。兼家の子。道長の兄。一条天皇を擁立する父に加担。兄道隆の死後関白に就任。七日後に死去したところから七日関白と呼ばれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原道兼
ふじわらのみちかね
(961―995)

平安中期の公卿(くぎょう)。藤原兼家(かねいえ)の三男、母は藤原中正(なかまさ)の女(むすめ)時姫。花山(かざん)天皇に出家の兆しがみえると、父兼家とともに天皇に出家を促し、一条(いちじょう)天皇(母は兼家の女詮子(せんし))が即位。道兼は山科元慶(やましながんぎょう)寺で自分もともに出家すると称してついて行き、天皇の出家直前に帰ってきてしまう話は『大鏡』に詳しい。天皇が出家すると、兼家は摂政(せっしょう)に、自分は蔵人頭(くろうどのとう)となり、7人を超えて権中納言従三位(ごんちゅうなごんじゅさんみ)に進んだ。991年(正暦2)内大臣、994年右大臣に任ぜられた。父兼家の死後、兄道隆(みちたか)の摂政の後を受け、道隆亡きあと、995年(長徳1)関白となったが、就任後、7日で薨(こう)じた。七日関白、粟田(あわた)関白、二条関白とよばれている。[山中 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原道兼の関連キーワード二条綱平二条尚基二条吉忠四條公任鷹司兼輔鷹司冬教二条政嗣藤原尊子粟田関白《後二条関白記》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone