寛仁(読み)カンジン

  • かんじん クヮン‥
  • かんじん〔クワン〕
  • かんにん
  • かんにん クヮン‥
  • かんにん〔クワンニン〕

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
心がひろく、思いやりのある・こと(さま)。かんにん。 先生の-なるに敬服しける/二宮尊徳 露伴
年号(1017.4.23~1021.2.2)。長和の後、治安の前。後一条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

日本の元号(年号)。平安時の1017年から1021年まで、後一条(ごいちじょう)天皇の代の元号。前元号は長和(ちょうわ)。次元号は治安(じあん)。1017年(長和6)4月23日改元。後一条天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『会稽記(かいけいき)』を出典とする命名。1017年(寛仁1)、藤原道長(みちなが)が太政大臣に就任した。道長は1019年(寛仁3)に病のため出家して無量寿院の造営に着手、同年には嫡男の藤原頼通(よりみち)が関白となった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 寛大で慈悲深いこと。心が広く、思いやりのあること。また、そのさま。かんにん。
※玉塵抄(1563)二五「寛(クヮン)仁な者ぞ、其の心で宰相になったぞ」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「願くは寛仁(クヮンジン)の制度(さた)をもて、放(ゆる)し給へかし」 〔史記‐韓信伝〕
[1] 〘名〙 =かんじん(寛仁)〔和英語林集成(初版)(1867)〕
[2] 平安中期、後一条天皇の代の年号。長和六年(一〇一七)四月二三日代始により改元。寛仁五年二月二日治安(じあん)と改元。摂政関白藤原頼道の時代。出典は「会稽(かいけい)記」の「寛仁云々」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛仁の関連情報