寛仁(読み)かんにん

日本の元号がわかる事典「寛仁」の解説

かんにん【寛仁】

日本の元号年号)。平安時代の1017年から1021年まで、後一条(ごいちじょう)天皇の代の元号。前元号は長和(ちょうわ)。次元号は治安(じあん)。1017年(長和6)4月23日改元。後一条天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『会稽記(かいけいき)』を出典とする命名。1017年(寛仁1)、藤原道長(みちなが)が太政大臣に就任した。道長は1019年(寛仁3)に病のため出家して無量寿院の造営に着手、同年には嫡男の藤原頼通(よりみち)が関白となった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉「寛仁」の解説

かんにん〔クワンニン〕【寛仁】

平安中期、後一条天皇の時の年号。1017年4月23日~1021年2月2日。

かん‐じん〔クワン‐〕【寛仁】

[名・形動]心が広く、情け深いこと。また、そのさま。かんにん。「寛仁な人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「寛仁」の解説

かん‐じん クヮン‥【寛仁】

〘名〙 (形動) 寛大で慈悲深いこと。心が広く、思いやりのあること。また、そのさま。かんにん。
※玉塵抄(1563)二五「寛(クヮン)仁な者ぞ、其の心で宰相になったぞ」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「願くは寛仁(クヮンジン)の制度(さた)をもて、放(ゆる)し給へかし」 〔史記‐韓信伝〕

かん‐にん クヮン‥【寛仁】

[1] 〘名〙 =かんじん(寛仁)〔和英語林集成(初版)(1867)〕
[2] 平安中期、後一条天皇の代の年号。長和六年(一〇一七)四月二三日代始により改元。寛仁五年二月二日治安(じあん)と改元。摂政関白藤原頼道の時代。出典は「会稽(かいけい)記」の「寛仁云々」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android