コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原良縄 ふじわらの よしただ

2件 の用語解説(藤原良縄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原良縄 ふじわらの-よしただ

814-868 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
弘仁(こうにん)5年生まれ。北家藤原大津の子。母は紀南麻呂の娘。天安2年(858)参議。正四位下にすすみ,左大弁,右衛門督(かみ),太皇太后宮大夫(だいぶ)などを歴任。文徳(もんとく)天皇に信頼され,父母に孝養をつくしたことでも知られる。貞観(じょうがん)10年2月18日死去。55歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原良縄

没年:貞観10.12.18(869.1.4)
生年:弘仁5(814)
平安前期の公卿。備前守大津と紀南麻呂の娘の子。妻は橘入居(逸勢の父)の娘田村子。文徳天皇に信任され,蔵人頭,右大弁,勘解由長官などを歴任。内外の諸事を委任され,良縄もこれに応え,天皇没後は終生,その忌日に法華経を講じたという。父母への孝養も厚く,任国で没した父の様子を聞いて血を吐き気絶したといい,母が病床に伏せた折には寝ずの看病をしたという。『三代実録』は,「忠孝両全の人格者」と絶賛している。死去時は参議正四位下。山城国葛野郡にあった別荘(京都市西京区)には出家した母が住んだが,貞観4(862)年真如院を建立し文徳天皇の供養を行っている。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原良縄の関連キーワード北小路俊直南家藤原内麻呂藤原葛野麻呂石上家成祐国橘海雄橘安麻呂藤原大津文室文子

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone