コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原行光 ふじわらの ゆきみつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原行光
ふじわらのゆきみつ

生没年未詳。南北朝時代の画家。文和(ぶんな)年間(1352~56)から1371年(建徳2・応安4)ごろまで絵所預(えどころあずかり)を勤め、越前守(えちぜんのかみ)、刑部少輔(ぎょうぶのしょうゆう)、従(じゅ)四位上に任じられている。1389年(元中6・康応1)までに出家し、閑楽と号す。土佐光信(みつのぶ)は行光を土佐派の祖としており、画系的なつながりが推定される。遺品はないが、記録によれば『地蔵絵』などの絵巻類、曼荼羅(まんだら)、絵図などを制作しており、公家(くげ)のみならず、武家・寺社の注文も受けて幅広く活躍していたと考えられる。[加藤悦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android