コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原親経 ふじわらの ちかつね

2件 の用語解説(藤原親経の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原親経 ふじわらの-ちかつね

1151-1210 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう),漢詩人。
仁平(にんびょう)元年生まれ。藤原俊経の次男。母は平実親の娘。文章博士(もんじょうはかせ),蔵人頭(くろうどのとう)をへて正治(しょうじ)2年(1200)参議。のち権(ごんの)中納言,従二位にいたる。後鳥羽(ごとば)・土御門(つちみかど)天皇2代の侍読をつとめ,「新古今和歌集」真名序(まなじょ)(漢文の序文)をつくった。承元(じょうげん)4年11月11日死去。60歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原親経

没年:承元4.11.11(1210.11.28)
生年:仁平1(1151)
鎌倉前期の公卿。藤原俊経と平実親の娘の子。高倉,安徳両天皇の蔵人,高倉上皇の判官代を経て文治1(1185)年に藤原兼実の家司となり,また源頼朝の推挙により右少弁となる。弁官を歴任して後鳥羽,土御門両天皇の侍読,文章博士となる。建永1(1206)年権中納言,承元2(1208)年従二位。高野山下向のとき,藤代の宿(海南市)で没した。儒者として右に出る者はいないと称賛され(『玉葉』),詩文にも優れ,願文などを多く著す。元久2(1205)年『新古今和歌集』真名序を作り,元久詩歌合では詩を作る。『愚秘抄』『十訓抄』には,それらの折の逸話が載る。『親経卿記』が残る。

(櫻井陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原親経の関連キーワード藤原俊忠新京極良経三条実親土御門通具藤原俊経藤原俊通藤原俊盛藤原長房(2)藤原光長(1)山科実教

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone