コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原俊経 ふじわらの としつね

2件 の用語解説(藤原俊経の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原俊経 ふじわらの-としつね

1113-1191 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
永久元年生まれ。藤原顕業(あきなり)の次男。母は大江有経の娘。文章博士(もんじょうはかせ),左大弁などをへて寿永2年(1183)参議となり,翌年正三位。近衛(このえ)天皇の尚復,高倉天皇の侍読をつとめた。建久2年1月22日死去。79歳。号は六角。日記に「俊経卿記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原俊経

没年:建久2.1.22(1191.2.17)
生年:永久1(1113)
平安末期の公卿。藤原顕業と大江有経の娘の子。近衛天皇の蔵人から久安2(1146)年に尚復(講師の講読を復唱するなどの職務)。仁安3(1168)年高倉天皇侍読。摂津守,阿波権守ほかを兼任。文章博士,弁官を経て寿永2(1183)年参議,同3年正三位。文治1(1185)年出家,法名隆心。

(櫻井陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原俊経の関連キーワード公卿給藤原実定経源藤原公保藤原実長藤原為隆源資賢源雅通源師頼頼増

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone