コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原邦通 ふじわらの くにみち

2件 の用語解説(藤原邦通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原邦通 ふじわらの-くにみち

?-? 平安後期-鎌倉時代の官吏。
下級公家の出身で,大和判官代(ほうがんだい)と称した。安達盛長の推挙により,伊豆(いず)配流中の源頼朝の右筆となる。有職(ゆうそく),諸芸に通じ,治承(じしょう)4年(1180)頼朝の山木兼隆襲撃の際は,館の地形をさぐって絵図にした。元暦(げんりゃく)元年(1184)幕府の公文所(くもんじょ)開設で寄人(よりゅうど)となる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原邦通

生年:生没年不詳
鎌倉初期の幕府吏僚。「大和判官代」と称し,安達盛長の推挙で伊豆配流中の源頼朝に仕え,治承4(1180)年山木兼隆襲撃の際には事前に館周辺を探る。頼朝の側近として右筆や公事の奉行を務め,元暦1(1184)年公文所開設には寄人に名を列ね,政務の中枢に参じた。

(奥田環)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原邦通の関連キーワード大中臣国弘惟宗広言高階資泰高階高経中原景弘中原清業藤原業実藤原盛景正恒(2)頼円(2)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone