藤原部等母麻呂(読み)ふじわらべの ともまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原部等母麻呂 ふじわらべの-ともまろ

?-? 奈良時代の防人(さきもり)。
武蔵(むさし)埼玉(さきたま)郡から筑紫(つくし)に派遣された。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)7年(755)任地におもむく途中,相模(さがみ)と駿河(するが)の境にある足柄(あしがら)の坂でよんだ歌と,妻物部刀自売(もののべの-とじめ)の返歌が「万葉集」にのる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android