コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤圭子 ふじけいこ

3件 の用語解説(藤圭子の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

藤圭子

日本の演歌歌手。1951年7月5日岩手県出身。本名は阿部純子。幼い頃から浪曲師の父親と曲師の母親とともに門付の旅回りを経験。作詞家・作曲家である石坂まさをによって見出され、69年「新宿の女」でデビュー。70年、「圭子の夢は夜ひらく」が大ヒットし、第1回日本歌謡大賞、第12回日本レコード大賞大衆賞をそれぞれ受賞。第21回NHK紅白歌合戦』に初出場。同年発売のアルバム「新宿の女」と「女のブルース」がオリコンチャートで合計37週連続1位を獲得するなどの大ヒットを記録した。シンガーソングライターの宇多田ヒカルは実の娘である。2013年8月22日、同氏が東京・西新宿の高層マンションから転落死。警視庁新宿署は飛び降り自殺を図ったとみて調べている。

(2013-8-26)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤圭子【ふじけいこ】

歌謡曲歌手。本名阿部淳子。岩手県一関市に生まれ,北海道旭川市で育つ。父は浪曲師,母は三味線瞽女の芸能一家で,旅回りの生活を送った。1969年RCAレコードから《新宿女》(石坂まさを作詞・みずの稔作曲)でデビュー,80万枚を超えるヒットとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤圭子 ふじ-けいこ

1951-2013 昭和後期-平成時代の歌手。
昭和26年7月5日生まれ。宇多田ヒカルの母。浪曲師の父,曲師の母とともに旅回りしてうたう。昭和44年「新宿の女」でレコードデビュー。翌年「圭子の夢は夜ひらく」で日本歌謡大賞,日本レコード大賞大衆賞を受賞。54年引退,56年カムバックした。元夫に前川清,前夫は宇多田照實。平成25年8月22日死去。62歳。岩手県出身。本名は阿部純子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤圭子の関連キーワード岩手県岩手郡岩手町五日市岩手県岩手郡岩手町久保岩手県岩手郡岩手町子抱岩手県岩手郡岩手町土川岩手県岩手郡岩手町坊岩手県岩手郡岩手町御堂石川さゆり五木ひろし鳥取春陽森口多里

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤圭子の関連情報